私のおすすめ便秘解消食事法

便秘になったときにおすすめなのがカゴメの野菜一日これ一本です。食事と一緒にこの野菜ジュースを飲んで、水分をよく摂るようにすると次の日ぐらいに便秘が解消されて本当にお腹がスッキリします。

野菜ジュースに含まれている食物繊維が効くみたいです。また、このジュースは、30種類もの野菜が含まれていて栄養価も高いから本当におすすめです。ヨーグルトや乳酸菌飲料が合わない方は、この野菜一日これ一本を試してみて下さい。おすすめです。

どうしてもなかなか便秘が解消されないという方におすすめのお薬は、マグミットです。

マグミットは、内科で処方してもらえます。マグミットは、便を柔らかくしてくれるお薬でマグミットを飲んで水分をたくさんとるようにすると、便が柔らかくなり、便秘が解消されます。

下剤よりも自然なお通じになるから、便秘の時におすすめです。自然なお通じで、便秘解消に近づけてくれます。内科で相談して、整腸剤と一緒にもらうと更に効果的です。マグミットは、量も調整できるから少量から試してみるのもおすすめです。どうしてもつらい時に内科で処方してもらいましょう。市販薬よりもよく効きます。

オリーブオイルのドレッシングも便秘解消におすすめです。サラダに、オリーブオイルと酢と醤油を1対1対1で混ぜたドレッシングをかけて食べるとおいしいし、便秘解消にも効果的です。おいしく食べて便秘解消できるから本当におすすめです。

いろいろな便秘解消の方法がありますが、自分に合った便秘解消方法を探してみましょう。他の人に効果があっても自分に効果があるとは限らないので自分の体に合った便秘解消方法を探してみましょう。乳酸菌飲料が合う人もいれば、野菜ジュースが合う人もいるので、いろいろ試して自分の体に合った方法を見つけてみて下さい。便秘は、方法につらいから時には、マグミットに頼るのもおすすめです。いろいろ試してよい便秘解消方法を見つけて下さい。

 

私の便秘解消術!水分をしっかりととって便秘解消!

便秘解消の食材の代表「ご飯」「食物繊維」「ヨーグルト」

便秘解消にはココアを飲むととても効果的

ココアというのは数多くある飲み物の中でも特に便秘解消の効果が大きいと言えるのですが、知っていたでしょうか?

ココアは甘くて美味しいですし、好きな人も多いと思うのですが、便秘解消に悩んでいる人は取り入れてみてほしいと思います。ココアがどうして便秘解消に効果的なのか?と言えば、不溶性食物繊維が含まれているからです。

リグニンと呼ばれる物質がそれにあたるのですが、これが腸を刺激する効果を持っているため、結果的に便が出やすくなるのです。

食物繊維が便秘に効果的というのは聞いたことがある人が多いと思いますけど、それがココアにも多く含まれているということになります。しかも不溶性なので、身体の中に入っても消化されづらいため、より効果を発揮しやすい存在となっているのです。

これがココアが便秘解消に有効であるという1つの理由になります。ただ、ココアが便秘解消に効果的とされているのにはもう1つ理由があって、それがリラックス効果が期待できるという点なのです。

ココアの独特の甘い香りには、テオブロミンという物質が含まれていて、これが実は有効に働いてくれるという事実があります。

このテオブロミンは副交感神経の働きを促進するのですが、それによって腸が働くときの緊張の程度が緩和されるのです。つまり、腸の働きがよりスムーズになって、結果的に便を出す仕組みがより正常に機能しやすくなると言えるのです。

こういった部分によっても便秘解消の効果が期待できるので、ココアは便秘で悩んでいる人にとってはかなりおすすめの飲み物と言えます。

便秘で悩んでいるならば毎日ココアを飲んでいくことで、少しずつ便秘が解消していく可能性があります。しかし、効果を早く出したいと思って飲みすぎると逆効果になりますから、ココアの過剰摂取は注意してほしいと思います。

ココアに関しては多くても2杯くらいまでを1日の目安として考えておいてもらえると、ちょうどいい摂取の仕方になると言えるのです。

 

便秘解消の食材の代表「ご飯」「食物繊維」「ヨーグルト」

便秘の解消には、お腹を冷やさず、時間があればお腹のマッサージをしましょう。

便秘の解消に効果があるのは、大腸の動きをよくすることです。大腸の動きをよくするための二つの方法がおすすめです。

お腹を温める

一つは、お腹を冷やさず、できれば、温めることです。特に夏は冷房などの関係でお腹が冷えがちになります。お腹が冷えると、大腸の血のめぐりが悪くなり、大腸の機能が落ちてしまいます。

そのため、大腸の動きも悪くなりがちです。なかなか、夏にお腹を温める、というのは難しいことかもしれません。暑いのに、ホッカイロなんてあててられないわ、というのも無理はないです。そういった積極的な方法でなくても、冷房がきついときには羽織るものを持参する、とか、お腹が出てしまうような洋服は選ばない、とか、キャミソールなどの下着をきちんと着用する、シャワーだけではなく、ぬるめのお湯でもいいので、ゆったりと湯舟につかる、といったちょっとした工夫で大丈夫です。

そうやってお腹をできるだけ冷やさず、大腸の血のめぐりをよくして、大腸の動きを活発にするとよいです。

 

お腹のマッサージが効果的

次に、お腹のマッサージをしてみてはいかがでしょうか。マッサージといっても、さあ、マッサージをするぞ、と意気込まなくてもよいです。

たとえば、テレビを見ているときとかのちょっとした隙間の時間にすればよいわけです。方法はいたって簡単です。大腸は右側の下の方から上にあがり、胃のあたりを横に走り、体の左側の上の方から下の方に走っています。その大腸がある位置のところを刺激をしていく、ということです。

ゆったりと、「の」という字を書く要領で、両手を使いながら静かにお腹をマッサージしていきます。強く、激しくする必要はないです。そうやって刺激を与えることで、便が少しずつ、肛門の近くに向かって動くのを助けるということをするだけです。

1日何分しないといけない、とか、何回しないといけない、とか、そういった決まりはありません。気が付いたときに、ちょっと手を動かせばいいんです。ただそれだけです。

まとめ

これら二つは道具も必要としません。しかも、自分自身でできることですし、お金もかかりませんので、お勧めです。

便秘解消の食材の代表「ご飯」「食物繊維」「ヨーグルト」

まずは、便秘解消の食材にあげられるのは「ご飯」です。ご飯なんて毎日食べてるし、便秘に特別いいとは思わないですよね。

でも、1食あたりのご飯が1膳弱のグループと1膳半程度のグループでは、便秘が4割も少なかったという研究結果もあるんです。

米は、でんぷんに含まれる食物繊維と水分が豊富です。食物繊維は、腸を刺激してぜん動を促します。

水分は、普通は胃や小腸で吸収されてしまうんですが、ご飯の場合は水分を保持したまま大腸に達し、便をやわらかくしてくれます。

私の便秘解消術!水分をしっかりととって便秘解消!

また、ご飯を食べると自然とおかずが和食系になるので、食物繊維が豊富な野菜類や便秘にもいい大豆製品、味噌汁など加えることもできるので一石二鳥です。

次の便秘解消の食材は「植物繊維」です。食物繊維の話は、便秘には切っても切れない関係にあり、よく知られていますね。食物繊維がなぜ便秘にいいのかというと、腸には善玉菌がたくさんあると便秘にならないといわれています。

善玉菌は食物繊維をエサとして繁殖するので、食べ物から取り入れるといいのです。野菜の中で特におすすめなのは、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、にんじんなどの緑黄色野菜に、大根、ごぼうなどの根菜類です。

そして、果物ならりんごやバナナがおすすめ。バナナといえば、バナナにも買ったばかりの青いバナナと日にちがすぎて黒ずんだ熟成バナナがありますよね。普通の人はある程度時間が過ぎてから、程よい硬さのバナナを食べますが便秘にいいのは、むしろ買ってきたばかりの青くて硬いバナナです。まだ青いバナナの方が熟したバナナよりも、より多くの食物繊維を含んでいるからです。

最後の便秘解消の食材は「ヨーグルト」です。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が腸内で増殖して、腸内環境を整えるということは知られています。平安時代の日本最古の医学書「医心方」という本にも「発酵乳(ヨーグルトの原型)が体力の回復や便秘の解消に著効あり」と記述されているほどです。乳酸菌は、悪玉菌を減少させ、本来の腸の働きを保ってくれます。

ひどい便秘の人はすぐに400ml以上のヨーグルトを摂取することをおすすめします。

ドローインダイエットで便秘解消

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ドローインダイエットをすると、便秘解消になることはあまり知られていません。

ドローインダイエットとはドローインを行うことで痩せるというダイエット方法です。ドローインとは、息を吐ききってお腹をへこませることです。

ドローインは、背筋を伸ばした状態で、大きく息を吸ったあと、息を吐ききったらその状態で30秒維持します。そうすることでお腹の深い所の筋肉を使いますのでインナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えることでポッコリお腹を解消するというダイエットなのですが、このインナーマッスルが鍛えられることに

よって、腸が刺激され、便秘解消に繋がります。
男性と比較すると女性の方が便秘に悩まされている方が多いかと思いますが、インナーマッスルが弱いために便秘になりやすくなっています。そのため、インナーマッスルを鍛えることで、そもそも便秘をしない身体になることができます。

また、インナーマッスルを鍛えられるだけでなく、その瞬間から便意を催すという方もいますので、1日便が出なかったらドローインをするといった風に習慣づけることで、毎日快便になります。

ドローインを行う時は、1日2回朝と夜に実施しましょう。1回3セットで1セットは30秒間維持できたら、それを3回繰り返しましょう。1日3回ではなく1日2回なのは、朝と夜であれば効果が出すぎて急な便意を催した場合にトイレに行きやすいためです。

ドローインは道具も不要で今日からできるため、騙されたと思って1回試してみたらどうでしょうか?急な便意を催す場合があるため、いつでもトイレに行ける状態で試してみてください。間違っても通勤時の満員電車の乗車時などには実施しないでください。

急な便意を催した、筋肉痛で生活に支障が出たなどの副作用が出ても責任は取れませんので、ドローインを試してみる際は全て自己責任でお願いします。

私の便秘解消術!水分をしっかりととって便秘解消!

便秘を解消するためには、水分補給がとても大切です。

もともと水分を多く取る方で、便秘に悩まされることが少ない人生を歩んできました。

ですが、忙しかったりして時間がないと水分補給がしっかりとできず、便秘になってしまうことがありました。

初めのうちは「忙しくてなかなかトイレにいけないせいかな?」と思っていました。
ですが、よくよく考えると、いつもよりも水分補給するタイミングが少なく、明らかに水分不足になっていることに気が付きました。

そのことに気がついてからは、朝起きてからすぐにまず冷たい水をコップ1杯きちんと飲み、体に朝を知らせるようにしています。
そして、朝食時には水分を多く取り、朝のうちにしっかりと排便を行うというサイクルを作るようにしています。

また、日中もこまめに水分補給するように心掛けています。
テーブルの上には常に水分補給できるように飲み物を置き、こまめにちょこちょこと飲むようにしています。
どちらかというとのどが乾きやすい方だと思うので、水分をきちんと取ってのどの乾きを潤すようにしています。

さらに、昼食や夕食などの食事の際にもしっかりと水分補給を行い、お酒を飲む際にはお酒を飲んだ分の水分も補給するようにしています。
お酒を飲むと、お酒にはどうしても利尿作用があるため体の水分が不足してしまいます。
体の水分が不足したままにしてしまうと、便秘の原因にもなってしまうのでお酒を飲んだ後には水分補給をしっかりと行うように心掛けています。

毎日水分補給をしっかりと行うことを心掛けた結果、便秘で悩むことが本当に少なくなりました。
便秘で悩むと、気持ち悪い思いがずっと続くためせっかくの1日をムダにしてしまうなんてこともあります。

便秘でムダな1日を過ごさないためにも、水分をきちんと取って便秘知らずの毎日が送れるように心掛けています。

心掛けひとつで毎日を快適に過ごすことができているので、これからも便秘解消のためにしっかりと水分補給をしていきたいと思います。

おすすめサイト:便秘解消には納豆菌と乳酸菌