便秘の解消には、お腹を冷やさず、時間があればお腹のマッサージをしましょう。

便秘の解消に効果があるのは、大腸の動きをよくすることです。大腸の動きをよくするための二つの方法がおすすめです。

お腹を温める

一つは、お腹を冷やさず、できれば、温めることです。特に夏は冷房などの関係でお腹が冷えがちになります。お腹が冷えると、大腸の血のめぐりが悪くなり、大腸の機能が落ちてしまいます。

そのため、大腸の動きも悪くなりがちです。なかなか、夏にお腹を温める、というのは難しいことかもしれません。暑いのに、ホッカイロなんてあててられないわ、というのも無理はないです。そういった積極的な方法でなくても、冷房がきついときには羽織るものを持参する、とか、お腹が出てしまうような洋服は選ばない、とか、キャミソールなどの下着をきちんと着用する、シャワーだけではなく、ぬるめのお湯でもいいので、ゆったりと湯舟につかる、といったちょっとした工夫で大丈夫です。

そうやってお腹をできるだけ冷やさず、大腸の血のめぐりをよくして、大腸の動きを活発にするとよいです。

 

お腹のマッサージが効果的

次に、お腹のマッサージをしてみてはいかがでしょうか。マッサージといっても、さあ、マッサージをするぞ、と意気込まなくてもよいです。

たとえば、テレビを見ているときとかのちょっとした隙間の時間にすればよいわけです。方法はいたって簡単です。大腸は右側の下の方から上にあがり、胃のあたりを横に走り、体の左側の上の方から下の方に走っています。その大腸がある位置のところを刺激をしていく、ということです。

ゆったりと、「の」という字を書く要領で、両手を使いながら静かにお腹をマッサージしていきます。強く、激しくする必要はないです。そうやって刺激を与えることで、便が少しずつ、肛門の近くに向かって動くのを助けるということをするだけです。

1日何分しないといけない、とか、何回しないといけない、とか、そういった決まりはありません。気が付いたときに、ちょっと手を動かせばいいんです。ただそれだけです。

まとめ

これら二つは道具も必要としません。しかも、自分自身でできることですし、お金もかかりませんので、お勧めです。